2019年06月17日

荷ひも(荷ゴム)絡まりトラブル

中学生向け通学車の荷台に縛り付ける荷ゴムが

車輪に絡まるトラブルがここ最近多発していますexclamation

荷ゴムが車輪の奥まで絡んでしまった際に、無理に引っ張っぱって

外そうとすると故障が発生しますことがありますので

注意が必要です。

代表的な故障は、3段チェンジのスプロケット(ギア板)が

外れてしまうケースです。

image2.jpg

こうなってしまいますと、後輪を車体から外す必要があり

状況次第になりますが、お渡しにお時間を頂く場合もあります。

image3.jpg

上記は後輪のトラブルですが、前輪に絡まると

オートライトの差込端子がもげてライトが点灯しなくなって

しまいますので注意が必要です。


こうならない為にもきつく縛り付けることが重要なのですが

『ポコ丸』を使用するのも有効ですexclamation
(当店にも在庫ございます)

以前、このブログで紹介いたしました浅型ラック『フィックスキャッチ』も有効です。


2・3年生よりも慣れない新1年生が起こしてしまうケースが

多いようです。


絡まってしまったら慌てず力を入れすぎず対応して下さい。

それでダメの時は当店へご連絡くださいわーい(嬉しい顔)
【修理の最新記事】
posted by しのさん at 15:16| Comment(0) | 修理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]